『スワロフスキー』 とは

スワロフスキー社とは1895年にボヘミア(現在のチェコ)出身のクリスタル職人ダニエル・スワロフスキーが創設した、オーストリア/チロルに本社を置くクリスタルガラス、ジュエリーストーンの製造会社です。100年以上の歴史と実績を誇るスワロフスキーのクリスタルガラスはその美しい輝きと精巧なカットがダイアモンドとも並び称され、クリスタルブランドの最高峰として君臨し続けています。。 19世紀始め頃から家内工業として生産されていましたが、1892年スワロフスキー社オリジナルのマシンカットによる製品が開発されてからファッションシーンをはじめ、インテリア、ジュエリー等、その輝きで世界中を虜にしてきました。

スワロフスキー/クリスタルカットガラスの特徴

クリスタルには天然の水晶とクリスタルガラスがあります。スワロフスキーのクリスタルガラスはケイ石・石炭・ソーダなどを高温で溶かし混ぜ合わせ酸化鉛を絶妙な配分で加えるオリジナル製法でできた透明度の高い人工のクリスタルガラスです。光の屈折率が高く、その透明度、輝きは他を圧倒し、またハイセンスなデザインとカット技術は他の追随を許しません。かの有名なヴェルサイユ宮殿やカーネギーホール、近年ではNYのロックフェラー前のクリスマスツリーでも使用されているのが「超一流」の証です。

スワロフスキーにこだわる理由

商品を手に取るとおわかりになりますが、サンキャッチャーのメインクリスタルにはスワロフスキーの正規品である「証」が小さく刻印されています。メインクリスタル以外の細かいビーズに至るまでクリスタルヴェスタの商品は全てスワロフスキーの正規品を使用し、ひとつひとつを丁寧に、想いを込めて制作しています。
※カラークリスタルには刻印されていません。